trail a week

写真(カメラ)、登山、旅行、バイクの趣味で生きてます。

(trail)残雪の赤岳·阿弥陀岳

もう2018年も半分以上過ぎた7月で、酷暑と言われ外は暑すぎるけどまだ溜まっている残雪期登山レポを書きます^_^;

 

DSCF0682_3_4_5_6_tonemapped.jpg

八ヶ岳の赤岳エリアは正月にも登ってるけど、赤岳だけ晴れて他は真っ白だったので不完全燃焼気味。。

天候が安定する3月末にノンビリ日程で赤岳·阿弥陀岳に行ってきた。

 

初日は赤岳鉱泉まで行くだけだったので10時半着で車で美濃戸口まで行き、そこからは何度も通った林道歩きです。

レンズは単焦点のXF23mm f2を付けてスナップ感覚で歩くと暇な樹林帯歩きも楽しくなることに気づきました(^^♪

DSCF0019.jpg

DSCF0032.jpg

DSCF0040.jpg

DSCF0041.jpg

DSCF0049.jpg

DSCF0056.jpg

DSCF0061.jpg

DSCF0069.jpg

DSCF0072.jpg

DSCF0084.jpg

ノンビリ歩いても赤岳鉱泉には13時半に到着して目的の一つでもある山小屋でダラダラを満喫する。

3月だと日があれば外にいてもあまり寒くないのでベンチでダラダラ酒を呑む。

この時間が最高…(笑)

DSCF0118.jpg

DSCF0116.jpg

DSCF0113.jpg

DSCF0110.jpg

DSCF0108.jpg

DSCF0132.jpg

DSCF0129.jpg

DSCF0124.jpg

DSCF0198.jpg

DSCF0165.jpg

DSCF0160.jpg

DSCF0156.jpg

DSCF0152.jpg

 

夕食が豪華なことで有名な赤岳鉱泉のこの日のメニューは、名物のステーキ!

前回はしゃぶしゃぶだったので2度目で名物ステーキに有りつけました(^^)

DSCF0205.jpg

DSCF0263.jpg

 

DSCF0239.jpg

DSCF0220.jpg

DSCF0214.jpg

夕日は見れたけど夜は雲ができてしまい星を撮ることもできないのでそそくさと就寝。

次の日のルートを硫黄岳、横岳も回るか迷いながら寝ました。

DSCF0273.jpg

DSCF0280.jpg

 

翌日の朝はノンビリ朝食の案内放送で起床💦

旅館みたいな朝ごはんを食べながらこの日のルートを赤岳+阿弥陀岳にしようと決める。

阿弥陀岳は5,6年前に夏に登ったきりで南陵で7人滑落の事故があったばかりだけど、ノーマルルートなら危険箇所は少ないと聞きルート変更。ついでに歩き飽きた南沢ではなく御小屋尾根から美濃戸口に下山する事にした。

DSCF0286.jpg

DSCF0293.jpg

赤岳鉱泉から行者小屋までは緩い登りのあと下る樹林帯。

アイゼン無しでそそくさ歩いて行者小屋から地蔵尾根で稜線へのクライムアップ。

この時期は稜線に出る手前がナイフリッジになっていて少しスリルが味わえた?(笑)

DSCF0305.jpg

DSCF0303.jpg

DSCF0321.jpg

DSCF0323.jpg

DSCF0341.jpg

DSCF0343.jpg

 

稜線に出ても安定した天候で赤岳展望荘

と赤岳はバッチリ拝める!ちなみに年越しで泊まった赤岳展望荘だけど、2月末で一度営業を終えてしまうのでこの時は無人です。

 

DSCF0369.jpg

DSCF0376.jpg

DSCF0384.jpg

DSCF0391.jpg

DSCF0396.jpg

富士山ももちろん拝め、風も弱かったので快適に赤岳まで登頂!

そういや去年ボロボロだった赤岳の標識は新しくなったんだね(^_^.)

 

DSCF0401.jpg

DSCF0413.jpg

DSCF0423.jpg

DSCF0436.jpg

山頂で地蔵尾根から赤岳に初めて登ったという人にこの先の文三郎尾根が危なく無いか?って聞かれたけど、正直答えづらかった^_^;

行者小屋の分岐までは少し怖いかもとは言っといたけど、これまでどんな雪山を経験してきたかで感覚は大きく変わると思うしね(-_-)

 

DSCF0445.jpg

DSCF0475.jpg

文三郎尾根を降りてる途中ですごくイカした犬が散歩していて思わず撮ってしまったw

 

DSCF0487.jpg

DSCF0494.jpg

DSCF0534.jpg

DSCF0515.jpg

中岳から阿弥陀岳はさすがの傾斜で登りでないと少し手間取りそうだけど、下りは御小屋尾根だからあまり気にせず登る(笑)

途中、南陵から登って来る人が見えたけど、やっぱりノーマルルートとはレベルが違いそう…でもいつかは……

 

DSCF0551.jpg

DSCF0559.jpg

DSCF0560.jpg

行者小屋周りより美濃戸口まで戻るならコースタイムが早かった御小屋尾根だったけど、雪が溶け始めてる樹林帯歩きは踏み抜きが多くてかなり辛かった💦

それでもコースタイムよりは早く下山して無事マイカーまで戻ってきたよ(^o^;

DSCF0563.jpg

DSCF0572.jpg

DSCF0583.jpg

DSCF0588.jpg

DSCF0597.jpg

DSCF0599.jpg

この後は小淵沢の道の駅併設の温泉に入った後にわに塚の桜を撮りに行ってから帰りました。

(前にsnapで記事にしたやつ)

いつもだけど、中央道の渋滞は辛いなぁ…

 

end.